シロアリ駆除は業者に即依頼|スピード対応のプロ

住宅

病気をもたらす

作業員

コウモリ駆除方法の基本

コウモリが屋根裏などに住み着くと、夜中に物音を立てて不気味ですし、糞尿が悪臭や害虫の原因になります。また狂犬病を媒介するとも言われており、少なくとも素手で触れることは避けねばなりません。しかし同時に、コウモリは蚊や蛾などの害虫を食べてくれる益獣でもあります。ですからコウモリ駆除といっても、捕獲したり殺したりすることはできません。捕まえてペットにするのも、本来は違法なので注意が必要です。コウモリ駆除の基本は、強い臭いや煙で追い出して、侵入口を塞ぐことになります。コウモリが嫌がる超音波を出す機械も市販されています。しかし時期や方法によっては、追い出すのが難しいこともあるため、コウモリの生態に詳しい駆除業者に相談するのが確実です。

駆除に必要な作業と費用

コウモリ駆除を業者に依頼したときの費用は、現場の状況によっても違いますが、基本料金が3万円程度で、これに経費が加算されるシステムになっています。コウモリ駆除は現状の調査に始まって、煙やスプレーを使った追い出し、侵入口の発見と補修、糞尿の清掃と殺菌消毒など、さまざまな作業が必要です。特に侵入口を塞ぐことは重要です。コウモリは2〜3cmの隙間があれば入ってくるため、侵入口をひとつ見逃すと被害が再発する可能性もあります。これらの作業のうち、どこまでが基本料金に含まれるかは、業者によってまちまちなので、問い合わせる必要があります。細かい見積もりを出してもらい、不審なところは納得できるまで説明を受けるようにしてください。