シロアリ駆除は業者に即依頼|スピード対応のプロ

住宅

昼間に駆除してもらう

住宅

春から夏になると、コウモリ駆除の依頼は非常に多くなると言われています。そんなコウモリは虫を主な食料としており、それ以外にも木の実や爬虫類などの小さな動物を食べることで生活しています。そんなコウモリの大きな特徴は、視力の退化にあります。コウモリは基本的に夜行性の種類が多く、食料を確保するための狩猟行為も夜間に行なわれます。通常の生き物の場合夜間だと視野が狭くなり正確な狩猟が困難となりますが、コウモリはそもそも視力に重点を置いていないので、夜間でも変わらずに狩猟を行うことが出来ます。
ではどうやってコウモリが狩猟を行うかというと、超音波と呼ばれる音の振動を駆使して周囲の状況や獲物の状態を把握しています。そのため、夜でも昼でも関係なく、コウモリは自由に狩りを行うことが出来るのです。

一方で人間は目に頼る動物であり、夜間だと視認能力がかなり低くなってしまいます。そのため、夜間にコウモリ駆除を行おうとしても逃げられてしまうことが多いのです。コウモリ駆除を行う際には、昼間の時間帯を狙うとよいでしょう。昼間はコウモリもアクティブな状態ではなく、屋根裏などで休息している場合が多いです。人間にとってはその時間帯が一番の狙い目と言えるので、専門のコウモリ駆除業者に頼んで確実に駆除してもらいましょう。もちろん自分で行うことも出来ますが、より正確に駆除を行うためには素人よりプロの方が確実です。空を飛ぶ動物を駆除するためには、より確実性の高いタイミングを伺うことが重要なのです。